スキンケア

洗顔は泡立ちが命!洗顔用泡立てネットをおすすめする2つの理由

洗顔用ネット

毛穴の開きっぱなし具合が気になるもー子(@lemo_note)です。先日、化粧水を買いに行ったときに美容部員さんから「洗顔が命です!」と言われました。肌の水分や油分は普通なのですが、毛穴の開き、キメが粗くなってしまいました。実はちょっと面倒くさいなぁ…と思って、シャシャっと手で泡立てて、軽く撫でただけで洗顔を終わらせていました。

ゆず
ゆず
それは、もー子の洗い方に問題があるからじゃない。

ここ数週間位、洗顔方法に気を付けていたら肌の調子が良くなったのでまとめてみます。

正しい洗顔方法とは

顔を洗うときに、どのくらい撫でていますか?実は、結構やさしくくるくる洗う必要があるんです。1箇所につき、30回以上優しくクルクル円を描くように撫でます。小鼻の脇はとくに念入りに。

もー子
もー子
洗顔をしっかりするようになったら、5~6分位かかっています。

その時に心がけていることは、全力で泡を作ること!泡立てる理由についてまとめてみました。

泡立てることで肌への負担を軽減する

泡立てが不十分だと、指や手のひらと肌との摩擦で肌が傷んでしまいます。肌がガサガサになってしまったり。だから泡立てることで摩擦を軽減します。

きめ細かい泡が皮脂や毛穴の汚れを包み込む

泡が汚れを包みます。毛穴の汚れも泡が吸い付けてとるため、毛穴の汚れをきちんと取りきることができます。

キメを整え肌を引き締める

毛穴の汚れをしっかり洗い流すことで、毛穴が引き締まります。そしてキメが整い肌が引き締まります。

泡立てネット(スポンジ)を使う理由

泡立てるには、ネットやスポンジを使うのが簡単。少し水分を含ませて空気を混ぜながら揉みこむだけで綺麗でふわふわな泡を作ることができます。

1.簡単に泡立てられる

ネットやスポンジには小さな空洞がたくさんあります。簡単に空気を混ぜながら泡立てることができます。泡の密度も調整しやすいのがポイント。

2.安い

洗顔用のネットやスポンジは、100均ショップで購入が可能。無印良品でも洗顔用ネットを販売しています。

洗顔用泡立てスポンジより泡立てネットをおススメ

スポンジかネットかは好みですが、私は泡立てネットをおススメします。

スポンジのほうが、なめらかできめ細かい泡ができそうな感覚もあります。しかし、スポンジはウレタン素材なのでそれが肌に合わないといった方もいます。

  • スポンジの管理が面倒
  • よく乾かさないと雑菌が繁殖しやすい
もー子
もー子
私は面倒くさがり屋なのでスポンジは向きませんでした。使用後にスポンジの石鹸をよく洗い流し乾かします。しかし、じめじめした梅雨時期、換気扇をまわしておけないときなど、スポンジが乾かずに湿ったままということがありました。しっかり乾かさないと、スポンジに雑菌が発生するので気持ち悪いな…と思いました。
ゆず
ゆず
泡立てネットなら、洗った後すぐに乾かすし綺麗。頻繁に使うから2か月位のスパンで新しいものに交換をすればいいし。種類も豊富。

泡立てネットの値段の違いは何?

泡立てネットは100円のものから、600円くらいのものなど幅が広いです。泡立ちに違いがあるのか?というと、キメの細やかさや使いやすさかなと思います。

例えば、壁にかけておけるようなリングが付いているものとついていないものがあったり、網の目の細かさが違う、強度が違うなど。

好みだと思うので、いろいろな価格帯のものを使って比較してみると面白そうですね。

もー子
もー子
私はドラックストアで購入した500円くらいの泡立てネットと、洗顔石鹸を買ったときにおまけでついてきた泡立てネットの2つを使っています。

ちなみに、ボディタオル(ナイロン製)でももりもり泡を作れるんですよ!その方法は次回ご紹介します。

ABOUT ME
もー子
もー子
アフィリエイトを始めたばかりの会社員。30代の毎日が楽しくなるような情報を発信します!